日本カーペット工業組合のホームページへようこそ

 

3Rアクションプラン

 

環境対策~カーペットの3R推進アクションプラン~

環境対策~カーペットの3R推進アクションプラン~
 
 

カーペットの3R推進アクションプラン

カーペットの3R推進アクションプラン
 
日本カーペット工業組合は、経済産業省の「繊維製品3R推進会議」において、繊維製品3R推進アクションプランの作成が合意されたのを受け、平成15年1月に「カーペットの3R推進アクションプラン」を策定しました。
 
3Rとは…

廃棄物問題の解決と資源の有効な利用の促進を図るために、平成14年施行された「資源有効利用促進法」の具体的な3つの取組みのことで、リサイクル(Recycle)リデュース(Reduce)リユース(Reuse)を総称して"3R"としています。

リサイクルは使用済み製品の再資源化のこと、リデュースは廃棄物の発生を抑制する取組やメーカーにおける省資源化設計や消費者における製品の長期使用化のこと、リユースは繰り返し利用する取組みや使用済み製品・部品の再使用のことです。

 
 
 

業界の現状とこれまでの取組

業界の現状とこれまでの取組
 
日本カーペット工業組合は、カーペットが主要廃棄物に指定されたこともあり、平成2年12月よりカーペットの再資源化・リサイクル等に取り組んできました。しかし、カーペットは大型で大重量の繊維製品であり、構成材料も多岐に渡っており、廃棄・再資源化等を実施するためには特別な技術を必要とします。
また、我が国のカーペット業界は大企業と多数の中小企業が存在しているため、3Rに対する各社の取組み状況や技術力に格差があります。
その現状をふまえ、日本カーペット工業組合では、平成3年設置のリサイクル委員会を平成14年に強化し、問題意識の共有化や業界全体として3Rに取り組む体制を構築し、活動しています。 
 

カーペットの3R推進アクションプランの6つの目標

カーペットの3R推進アクションプランの6つの目標
 
3Rアクション
 1)製造工程で発生する屑類の減量化を中心としてリデュースの推進
 2)洗浄技術を活用したリユースの推進
 3)「易リサイクル製品」の開発や製造工程で発生する廃棄原

材料の再利用化の推進

 4)使用済みカーペットのリサイクル方法の調査・研究と再生原材料

の利用促進

 5)使用済みカーペットの回収方法に関する調査・研究の実施
 6)カーペットの3Rに関する広報・PR活動の推進
 
これらの6目標を柱とし、消費者及び関連企業・業界団体の協力のもと、広範な活動を行っていきます。
なお、このアクションプランは、目標の達成度や実施方法について第三者を交えた検証を毎年実施し、達成状況等に応じて計画の見直しを行います。
<<日本カーペット工業組合>> 〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5F    TEL:06-6809-2868 FAX:06-6809-2869