カーペットでハウスダスト対策!

 

カーペットでハウスダスト対策!

 

カーペット・・・それは安心・安全の床材です

カーペット・・・それは安心・安全の床材です
 
 
日本カーペット工業組合では、
カーペットの注目機能「ハウスダスト舞い上がり抑制効果」
に関する実験を2013年に実施しました。
 
実験は、歩行を想定(軽量床衝撃音発生器で床を叩く)したハウスダストの舞い上がり量を、カーペットとフローリングで比較しました。
 
結果、カーペットでの舞い上がり量はフローリングの10分の1(フローリングで約5万個/㎥に対し、カーペットは約5千個/㎥。床上140㎝の場合)というものでした。
 
また、瞬間的には最大20分の1という結果も示されました。
 
これは他の床材にはないカーペット独特のダストポケット効果(糸部分でハウスダストを取り込む)が大きく寄与しています。
 
カーペットはハウスダストの舞い上がりを抑え、安全な生活空間づくりに大きな力を発揮する床材と言えるでしょう。
 
 
≪実験について≫
実験実施機関:地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所
テーマ:床材による粉じんの舞い上がり抑制効果に関する研究(受託研究制度により実施)
目的:床材をタッピングした時の発じん量を測定することにより、床材による粉じん (粉体)の飛散、舞い上がりの抑制効果を実験的に検討する。
実験方法: 
試料:タイルカーペット(ナイロン糸/ループパイル)、フローリング材の2種類
粉体JIS Z 8901 「試験用粉体」 15 種 (混合粉体) ※模擬ハウスダストとして使用
装置:クリーンブース、パーティクルカウンター
測定環境:温度 20℃ 、湿度65% RH
手順:
1. 試料に試験用紛体 1.0g を均一散布し、7kg のローラーにより試料に粉体を固着させた。
2. タッピングマシン(軽量床衝撃音発生器)を用いて粉体を飛散、舞い上がらせた。
3. 5分後、タッピングマシンを停止し、床から 50cm、140㎝ の位置の飛散粉体量をパーティクルカウンター(3分間吸引)で測定した。
 
 

動画「カーペットでハウスダスト対策!」(約5分)

動画「カーペットでハウスダスト対策!」(約5分)
 
<<日本カーペット工業組合>> 〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5F    TEL:06-6809-2868 FAX:06-6809-2869